営業日カレンダー
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
は休業日です。
当社運営コンテンツ
  • エスプリ
  • パチマップ
  • こぶりこAR
  • AR名刺
  • アプリ制作実績
  • HP制作実績
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • twitter

エステ業界特化型ポータルアプリ開発進捗

こんばんわ 大阪アプリ開発の三寶です。

本日は、エステアプリの進捗をご報告申し上げます。

エステプリンセスは現在、ios登録の審査中で、β版のリリースとなります。

まだまだ未完成な部分もございますが、5月の本リリースに向けて、様々なエステサロンの先生方に意見を頂戴しつつ、完成まで近づけていきたいです。 

下記にエステプリンセスのコンセプトなどをまとめた資料がございますので、ご興味のある方はご参照ください。

エステティックサロン向け ポータルアプリ開発を行っていく中で開発機のスマートフォンにβ版をインストールし、様々な仮想ユーザーにアプリをしようして頂いているのですが、特に20代の女の子は、自然とフリックでアプリを操作してるということが解りました。

アプリ開発の中で特に難しいのが、仮想ユーザーのITリテラシーがどの程度なのかを把握し、それに合わせたユーザビリティーのアプリ開発を行うということなのです。

すでにアプリ開発を行われている方も、ご覧いただきたいのですが、バグがでないかは当たり前・・・仮想ユーザーのITリテラシーにあった、仕様が大切です。

アプリ制作を行う上でもう一つ重要なのがレビューに対する意識です。

例えば、荒れているアプリのレビューはよくみますよね。

これは、利用者心理の観点からすると、「全然使い物になんないじゃん!」という心境から来ることが多いようです。

そのため、大阪アプリ開発では次のことに気を付けてアプリ開発を行っております。

・落ちるアプリを作らない(機能をシンプル化、試験を強化)

・アプリ動作を重くしない(アニメーションを極力減らす、データを小分けにする)

・アプリ名称と内容に齟齬を生じさせない

 

 

※関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)でパチマップ(ARアプリ)をご要望の方は大阪アプリ開発へ