営業日カレンダー
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
は休業日です。
当社運営コンテンツ
  • エスプリ
  • パチマップ
  • こぶりこAR
  • AR名刺
  • アプリ制作実績
  • HP制作実績
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • Facebook
  • twitter
  • 代理店募集

ARアプリ こぶりこAR

TVCMで俳優がスマートフォンを建物にかざすと現実には何もない場所に人やキャラクターが写っている、というものを見たことはありませんか?
これだけスマートフォン・タブレットが浸透した今日、IT技術の中でもプロモーション効果が高く非常に注目されている
「AR(拡張現実)」
一般ユーザーもARとの認識なく使用することも多くなり、わたしたちの生活において身近な存在となりました。
しかし、いざAR技術をわれわれ企業側がを使うとなると効果も高い代わりに高価な技術で手が出ないことも。
「知ってはいるが費用面から検討中」
「使いたいがコストを考えると費用対効果が低い」
こういったニーズを多く頂戴するなか生まれたのが「こぶりこAR」
もっと気軽に、使いたい時だけ使う。そんな使いかたもアリなんじゃないか。
ITシステム・技術=高い・長期間の縛り、この考えは捨ててください。
長期間の使用が安いのは当たり前、一か月間だけのイベントやお試し使用でも安い。
ARを検討中、または利用中のみなさま「こぶりこAR」ぜひご活用ください。

App storeGoogle play

こぶりこAR 価格表

(消費税別途:円)

MAXマーカー数 3か月間 6か月間 12か月間
1 26,900 49,200 93,900
2 40,400 74,000 141,200
3 56,400 103,300 197,200
4 69,900 128,100 244,500
5 80,500 147,600 281,700
10 128,900 236,300 451,100

※1.上記金額には、ご用意いただきます動画などのコンテンツを組み込む費用が含まれています。

※2.AR画面よりホームページへのリンクを設定する場合\10,000-が必要となります。

※3.契約期間中マーカーあるいはコンテンツの変更は1回・1項目に付き\5,000-が必要となります。

※4.1チャンネルでご利用できるマーカー数は、最大5~7です。
   マーカー数が多数の場合は、チャンネル数を増やすことで対応可能です。

こぶりこARについて

当社のこぶりこARサービスでは、画像や位置、WEBなどさまざまな要素を連動させることで「飛び出す動画コンテンツ」に限らず、実店舗への誘導、WEBサイトへのログイン、など利用者を誘導する「人の流れ・動きを作ることのできるARサービス」をご提供しております。

こぶりこAR 4種類のサービス

① こぶりこAR基本タイプ 一般企業・個人用

アプリ「こぶりこAR」の中に1つのチャンネルを設けてARサービスをご提供します。コンテンツ、マーカーを設定次第即日公開できます。チラシ、パンフレット、ホームページなどでひと通りのプロモーションを行っているけど思うような成果が上がらず悩んでいる皆さんへ。

○企業やお店の紹介をしたい。(飲食店様)
○売り出し商品の魅力を効果的に伝えたい。(雑貨メーカー様)
○印刷物のマッチングツールとして商品提案していきたい(印刷会社様)
○企画・イベントと連携した提案を行いたい(広告代理店様)
○自社発行物を連携して、より訴求力を高めたい(新聞雑誌発行者様)

②こぶりこAR商業・観光タイプ

商業施設、商店街などの専用アプリにAR機能を設けたサービスです。近くのお客さんをお店に誘導する、施設内で新しい楽しさを提供することで、お客様の滞留時間を延ばすことができ、売り上げアップに繋がります。

○通行人をお店に誘導する。
○施設内のイベントに活用することで、平面的な催しの魅力が大幅アップ!お客様の滞留時間が伸びます。
○海外からの方へ商品案内を動画で分かりやすくお伝えできます。
○売り出し情報や、各種クーポンの配布にも活用できます。

③こぶりこAR博物館、美術館タイプ

博物館、美術館などの専用アプリにAR機能を設けたサービスです。スペースに限りある紙面や、2次元の写真などでは得られない魅力やマニアだけが喜ぶ専門的な説明だけをARでフォロー。

○博物館の恐竜の骨格模型をスマホでかざすと、恐竜が走り出す。
○美術館、展示会で展示しているものの詳しい説明を動画や音声で案内します。

こぶりこAR 体験

 

AR 拡張現実

1)アプリ「こぶりこAR」を起動

2)中央の「こぶりこAR」を押す

3)リストの中から「こぶりこのヒミツ1」を選択

4)上の画像を映すと・・・

 

※関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)でARアプリ開発をご要望の方は大阪アプリ開発へ